株主・投資家の皆様へ

環境

ECOing

ECOing

環境基本方針

環境理念

シンフォニアテクノロジーは、気候変動対応をはじめとする地球環境保全の取り組みが重要な経営課題と認識し、かけがえのない地球環境を現在だけでなく将来にわたり、健全な状態で次世代へ引き継ぎ、豊かで住みやすい社会作りに貢献していくために企業活動のあらゆる面において環境に配慮して行動することを理念とする。

環境行動指針
  1. 環境保全活動を行うにあたってはライフサイクルの視点を考慮に入れ、事業活動、製品及びサービスの環境への影響を評価し、重要課題について技術的、経済的に可能な範囲で取り組む。
  2. 環境マネジメントシステムの継続的な改善を図るため、必要に応じて見直しを行うと共に事業活動に伴う環境汚染の予防及び防止を図る。
    各階層の環境目的・目標を設定し、環境パフォ-マンスの改善に取り組む。
  3. 環境関連法規制並びに当社が関連する団体等と同意した環境配慮事項を遵守する。
  4. 次の項目を重点課題として取り組む。
    (1) 環境重視の技術開発とものづくり
    (2)脱炭素社会、循環型社会、生物多様性の保全を目指した環境保全活動
    (3)化学物質の管理およびグリーン調達の促進
    (4)公害発生の未然防止
    (5)環境保全活動を通じて地域社会へ貢献
  5. ライフサイクル視点に基づき、研究開発・設計、調達、製造、輸送、使用及び廃棄の各段階において環境負荷の低減に取り組む。
環境ステートメント

シンフォニアテクノロジーは「ECOing(エコイング)™ エコで行こう!エコへ移行!」を環境ステートメントとして掲げ、温暖化防止と地球にやさしい循環型社会の創出を目指し、環境重視の技術開発と“ものづくり”を推進しています。

「ECOing(エコイング)™」とは、シンフォニアテクノロジーが掲げる企業環境ステートメントです。今や地球規模の命題である「ECO」に行動力を意味する「ing」をつけ、エコ社会の実現に向けた強い行動力を表現しました。

環境マネジメントの推進体制

サステナビリティ委員長である代表取締役社長のもと、その下部組織である環境分科会がシンフォニアテクノロジーの環境保全活動を統括しています。各事業場には環境管理統括者、環境管理者、環境委員会を配置し、環境保全活動を推進しています。

環境マネジメント推進体制

TCFD提言に基づく気候関連の情報開示

温室効果ガス排出量(Scope1、Scope2)

シンフォニアテクノロジーは、環境保全のため、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。生産拠点においては、照明のLED化、太陽光発電設備の導入、節電の推進などを実施しています。
今後も、省エネ設備の導入、再生可能エネルギーの使用などを実施し、温室効果ガス排出量の削減に貢献していきます。

温室効果ガス排出量(Scope1,2)
温室効果ガス排出量(Scope1,2)推移

ISO14001認証の取得

シンフォニアテクノロジーは、環境保全活動を推進するため、国際規格ISO14001を取得しています。現在、国内の全ての生産拠点で認証取得を完了しています。

ISO14001認証取得の詳細

生産拠点
豊橋製作所、伊勢製作所、鳥羽工場

 

営業所
東北営業所、新潟営業所、横浜営業所、豊橋営業所、三重営業所

CDP(気候変動)

当社は、環境に対する透明性を向上させることを目的に、CDP質問書を通じて環境影響を開示しています。
CDPは、企業や自治体の環境情報開示のための世界的なシステムを有する国際的な非営利団体で、企業の環境への取り組みを調査・評価・開示しています。当社は、CDP2023 気候変動でBスコアの評価を受けました。