トップページへ戻る

クラッチ・ブレーキ トップへ
  • 乾式単版電磁クラッチ/ブレーキ
  • 無励磁作動電磁クラッチ/ブレーキ
  • トルク制御クラッチ/ブレーキ
  • システムユニット
  • ツースクラッチ
  • 張力制御装置
  • 電源箱・制御機器
  • OA用電磁クラッチ
定格励磁方式
 FMP形制御器はC&Bモータをはじめ小容量クラッチ/ブレーキに適用する無接点制御器です。クラッチ/ブレーキのスイッチングには、パワートランジスタを使用した無接点回路を採用しているため、きわめて高信頼性です。また、放電回路にはコンデンサ方式を採用し、切れ特性を改善しているため、いちだんと高精度、高頻度な制御が可能です。
●タイミング回路の採用により、クラッチ/ブレーキの干渉作用(ケンカ現象)がなくなり、ムダのない安定した動作が得られます。
●制御回路をIC化するとともに、変圧器以外のすべての部品をプリント板上に取付けているため、非常にコンパクトです。
●交流入力電源、クラッチ/ブレーキおよび外部信号の結線を行うだけで正常に動作します。


FMP-10DA


T: 変圧器
Tl: 端子台
EF: ヒューズ
RH60: タイムラグ調整用ボリューム
A.B.C.Px.Py.Pz: 入力信号切換用ピン
PC: プリント板

形 式 FMP-10DA
入力電圧AC  V 100/110・200/220
ヒューズ容量 A 1
出力電圧DC  V 24
容 量  W 10
定 格  連続
調節(ボリューム可変) タイムラグ(ms) 0〜45(出荷時20)
回路方向 IC無接点回路
構造 鋼板製壁掛保護形
質 量  kg 1.5
塗装色 マンセル 7.5BG6/1.5
主な適用電磁クラッチ・ブレーキ C&Bパック、MP4〜5、BO/BB2〜5

(注)放電回路用シリスタは接続しないでください。



1.  無接点方式の採用により寿命は半永久的です。
2.  ピン(A、B、C)の差換えにより、双信号でも単信号でもワンタッチで使用できます(出荷時は双信号用にセットされています)。
3.  タイムラグ時間調整範囲が広く、高頻度使用でも安定した動作が実現できます。クラッチ/ブレーキとも切り換えのタイムラグ調整はRH60で行います。RH60は右回わしで大となります(出荷時は20msに設定されています)。