響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

■ふるい網について
ふるい網には、織網、パンチメタル、ゴム網、グリズリバーなどがあります。したがって、これらのうちいずれを使用するかは、スクリーンの処理効率を左右するキーポイントになります。
●織網
平織、フラットトップ織が主に使用されますが、粘性物質のふるい分けまたは、大量処理の場合にはトンキャップ、タイロッドが使用されます。材質は硬鋼線を標準としますが、用途により亜鉛メッキ線、ステンレス鋼線を用います。
●パンチメタル
角孔が主に使用されていますが、このほか丸孔、六角孔、長孔などがあります。材質は普通鋼板を標準としますが、用途に応じて高張力鋼板、ステンレス鋼板を用います。
●ゴム網
角孔、丸孔、長孔などがあり、ふるい目が小さくなると長孔を使用します。構造はメーカーによって異なり、耐摩耗性のゴム板を打抜いたものや、補強コードや補強板を埋込んだ金型成形のものもあります。
●グリズリバー
●くし歯

織 網

平織 フラットトップ織 トンキャップ タイロッド

パンチメタル

角孔 丸孔 長孔 ヘリングボーン

特 殊 網

ウエッジワイヤ ルーバー くし歯