響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

電磁フィーダ F形

■ホッパとその取付例
ホッパの形状は、フィーダの供給能力を決定する重要な要因です。形状いかんでは所定の供給能力が得られなくなるからです。そこで、経済的でしかもフィーダの能力を100パーセント発揮させるための理想的なホッパ設計には、次のような点を考慮する必要があります。
1. 材料の流れをスムーズにするため、図の後壁角αは60°以上。同じく前壁角βは(α-5)°としてください。
2. ホッパはT寸法部(喉部)にブリッジが生じやすく、そのためT寸法は…
●粒子径がふぞろいな材料に対しては、最大塊の2.5倍
●比較的粒子径がそろっている材料に対しては、最大塊の4倍としてください。
3. ゲートの開度Bは最大塊の2倍を最小とし、要求される能力に比例して大きくします。
また、Bは材料層厚dの1.2~1.5倍が標準です。dは次の式より求められます。
4. ホッパ開度W寸法は、粒子径がふぞろいな材料に対しては、最大塊の2.5倍とし、比較的粒子径がそろっている材料に対しては、最大塊の5倍としてください。