響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

産業電機

C種対応電磁石

無機絶縁電線を使った新開発C種対応電磁石

シンフォニアテクノロジーが開発したC種対応電磁石は、各種の無機絶縁材料を採用し、その構成に工夫をこらすことで、従来のH種対応形に比べて飛躍的に耐熱性能が向上しました。

特長

無機絶縁材料を駆使

従来の有機絶縁材料では、約200℃程度までしか対応できませんでしたが(H種対応)、無機絶縁電線と無機ワニスを採用することにより、コイル温度300℃まで使用することが可能となりました(C種対応)。

大電流化が可能

これまでのH種対応電磁石に比べ、定格電流の範囲を大きくすることができます。

より高温での使用が可能

これまでのH種対応電磁石と同程度の能力であれば、より高い温度で使用できます。

システムのスリム化

電磁石自身が高温対応のため、冷却装置が簡単になり、安全性、メンテナンス性が向上します。

絶縁構成および絶縁性能

絶縁構成 絶縁性能
電 線 無機絶縁電線 絶縁抵抗 100ΩM以上(300℃にて)
ワニス 無機系絶縁ワニス 対電圧試験 1500V合格(300℃にて)
絶縁材 無機系絶縁紙    

薄板鋼板用電磁制振装置に戻る