響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

グラフ1は、世界主要国の風力発電量を示したものです。今、世界では、地球環境保護、地球温暖化抑制の観点から、風力発電に代表される新エネルギーが注目を集め、各国は競い合うようにこれら新エネルギー活用が進められています。ちなみに、日本の風力発電実績は、残念ながら先進国の中にあって十分ではありません(グラフ2)。圧倒的な電力消費量をまかなわなければならない上に資源が少なく、またCO2削減が急務とされる日本にとって、風力発電はすぐにでも積極推進していきたい重要なエネルギー・環境対策のひとつです。





発電システムを考える上で避けて通れないのが「CO2排出」の問題です。大気中のCO2増加による地球温暖化は、今や深刻な問題。海面の上昇や異常気象を引き起こし、生態系や農作物に大きな影響を及ぼします。原因は、自動車等の排気ガスや火力発電システムなど。私たちが豊かな生活を送ろうとすればするほど、多量の電気が必要になり、これがCO2を膨大に発生させてしまうのです。これを抑制するため現在では、原子力発電や水力発電、太陽光発電など、さまざまな発電システムの導入が進められています。
 



今、地球環境保護に対する意識の高まりから、自然のエネルギーを利用したエコ産業が活発化しています。中でもクリーンエネルギーの代表格、風の力を電力として利用する風力発電はたいへん注目を集めています。重要なのは、この地球にやさしい風力発電をもっと身近なところで活用できるようにする環境作りではないでしょうか。こうしたことから、産業用の大型風力発電装置に加え、私たちの生活環境にフィットできる小型の風力発電装置が急速に求められています。私たちもまた、ひとりひとり地球環境保護への実行力が求められているといってよいでしょう。


TOPに戻る お問い合わせ