メニュー

シンフォニアテクノロジー株式会社シンフォニアテクノロジー株式会社

再生医療機器 iPS細胞やMSCの低コストで安定的な供給を実現
ようこそ再生医療機器ブースへ!
一括カタログダウンロードはこちら!
    自動細胞培養装置 ICP System-Intelligent Cell Processing System- ・多層容器を利用した閉鎖系培養 ・品質を製造プロセスの中で作り込むQbD(Quality by Design)に基づいたアプローチ ・培養条件をリアルタイムで監するPAT(Process Analytical Technology)を搭載 ・低コストで一定の品質許容範囲を満たす細胞を製造 神戸医療産業都市推進機構(FBRI)および英国SAKARTA Ltd.との共同開発
    English, Chinese, and Taiwanese are available.
    ICP System

自動細胞培養装置 ICP System-Intelligent Cell Processing System- 手技から自動化へ、そして更なる高品質を目指して。・QbDアプローチ ・無菌的培養環境 ・自動化、省力化 ・低コスト ・安定構造 ・多層容器 ・CSVシステム ・リアルタイムモニタリングPAT

  • 全てのプロセスを無菌的に実施するために、完全閉鎖系システムを採用しています。
  • 市販の多層培養容器を採用しているので、ディッシュやフラスコで検討済の培養プロトコルをもとにしてスケールアップ検討が開始できます。
  • 細胞の画像や培地中成分の濃度変化などのデータがリアルタイムで取得できます。
  • 細胞代謝物などのバイオマーカーをオフラインで分析するためのサンプリング機能も搭載しています。
  • 自動化されたシステムオペレーションは、省力化や人為的ミスの削減に有効で、熟練培養技術者も必要としないため、全体としてコスト削減に寄与します。
  • CSV(Computerized System Validation)に対応したシステムによって得られた各種データは、上位の管理システムと連携して、原材料受入れから出荷に至る一貫した品質管理に貢献します。
  • 無菌接続コネクター

  • 多層培養容器

  • タブレットによる直感的な操作

  • 剥離・収穫まで自動化