響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

メニュー

展示会レポート

2019部品供給装置展/2019国際ロボット展

会期
2019年12月18日(水)〜21日(土) 4日間
会場
東京ビッグサイト

 2019年12月18日から21日までの4日間、東京ビッグサイト(東京・有明)で2019部品供給装置展/国際ロボット展が開催され、国内だけでなく海外の各国からも多数来場者が詰めかけました。部品搬送オペレーション自動化のご要望は年々高度化しており、当社ブースに部品を持参され、「この部品は扱えますか」と質問される熱心なお客様も見受けられました。今回は出展製品の中から「微小部品トレイ配膳システム」、「ダイレクトドライブモータ」、「ワンショットクラッチ・ブレーキ」をご紹介いたします。

 今回は、電子部品実装ロボットなどを手掛ける株式会社FUJI様およびシステムエンジニアリング事業を行う株式会社エデックリンセイシステム様と共同で、微小部品トレイ配膳システムを新開発し、はじめて展示しました。
 多数の微小部品は、2次元方向に部品を自由に動かすことができる振動搬送テーブル「トリプレート®」によって隅に集められ、画像認識を利用して表向きになった部品だけをロボットがピックアップしてトレイに並べていくというシステムです。裏返った部品は振動によって表向きにすることで、テーブル上のすべての部品をピックアップできます。これまで機械での取り扱いが難しく、手作業に頼っていた釣り針状の部品や複雑な形状の機構部品にも対応しています。本システムは、微小部品のトレイ配膳を大幅に効率化するシステムとして注目を集めました。

半導体や液晶製造の位置決めなどに用いられるダイレクトドライブモータも展示しました。今回の展示では、開発中の「300枠シリーズ」も出展しました。これは最大トルクが250N・m(ニュートン・メートル)および400N・mの2機種あり、有機EL製造や電気自動車用の2次電池部品製造用の位置決めテーブルなどの用途が考えられています。

 さらに当社は、これまでの製品と比べて最大99%以上の電力削減が可能な「ワンショットクラッチ・ブレーキ」を展示しました。従来のクラッチ・ブレーキは、通電中に軸と連結、または解放されるため、状態を維持するために通電の継続が必要でしたが、この製品は連結・解放時、それぞれ一瞬の通電で状態を切り替えることが可能で、省エネとコストカットに役立ちます。

 当社は、これからもお客様に役立つ製品を開発・提供していきます。