響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

メニュー

展示会レポート

第6回 鉄道技術展

会期
2019年11月27日(水)〜29日(金) 3日間
会場
幕張メッセ ブース位置 8ホール C17

 鉄道技術の専門展示会「第6回 鉄道技術展」が、2019年11月27日から29日まで幕張メッセ(千葉市)で開催されました。当社は今回初めて単独ブースを構えることで、多くの納入実績をもつ鉄道用速度発電機やブレーキ電装品だけではなく、今後、鉄道車両に応用が期待できる様々な製品を揃え出展しました。ブースには多くの来場者が訪れ、専門的な質問を係員に投げかける光景がよく見られました。今回は、当社の出展製品の中から「鉄道車両用速度センサ」と「サラウンドビューモニタリングシステム」をご紹介いたします。

 デジタル技術の進歩に伴い、日本の鉄道は信号機の設置間隔を閉塞区間とする保安システムから、列車の位置、速度情報から必要な列車の間隔を割り出して列車の位置、速度を制御する無線保安システムへの移行が始まろうとしています。今回初出展した「速度センサ」は、こうした新しい鉄道保安システムの要求に応える製品です。
 当社は従来から「速度発電機」を開発・生産しており、新幹線をはじめ各所で採用いただいていますが、その技術を生かした「速度センサ」は極めて高い耐衝撃性・信頼性を確保したものとなっています。

 「速度センサ」の速度検出精度は「速度発電機」を上回るもので、高精度の無線保安システム、自動運転などに対応しており、今後、さまざまな鉄道で採用が広がると期待しています。

 また、「サラウンドビューモニタリングシステム」も初出展しました。この製品は車両の周囲状況を監視するシステムで複数映像同時表示、鳥瞰画像表示、バックガイド、映像記録などの機能を持っています。すでに建設機械に採用され、過酷な環境・衝撃に耐える実績を積んでいますが、今回の展示品はさらに人体検知および人体までの距離計測、動体検知といった新機能を備えた開発中のシステムです。
 こうした機能により、ワンマン列車で無人駅を発着するようなときにも、運転手の負担を大きく減らして安全確保に貢献できるシステムを目指しています。


 今後も速度センサや速度発電機、ブレーキ電装品をはじめ、自動車や産業機械で培ってきた技術の応用により、鉄道車両の安全な運行に貢献していきます。