響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

メニュー

展示会レポート

人とくるまのテクノロジー展2019 横浜

会期
2019年5月22日(水)~24日(金) 3日間
会場
パシフィコ横浜・展示ホール

 公益社団法人・自動車技術会が主催する自動車技術の専門展「人とくるまのテクノロジー展2019」が5月22日から3日間、パシフィコ横浜で開催されました。同展は自動車産業の大変革期ということもあり、年々盛況になっており、大変な熱気に包まれていました。

 当社はモーションシステム機器、クラッチ・ブレーキ、自動車用試験装置など、この分野の関連製品を展示し、ブースでは国内外のお客様から熱心に質問を寄せられました。

 注目を集めた展示物の一つがインホイールモータ。電気自動車(EV)の中には、モーターを車輪の内部に設置して車輪をモーターで駆動する方式を使うものがあり、これをインホイールモータと呼びます。

 当社は小型モビリティのベンチャー企業であるFOMM(本社:神奈川県川崎市)と共同でインホイールモータを開発、今年から量産をスタートしています。このインホイールモータはダイレクトドライブ方式で直接車輪を駆動。途中に歯車減速機が入らないため、その分のエネルギー損失がなく、動力伝達系の機構に邪魔されないので、車輪の舵角が一気に大きくなるため、さまざまな走行モードを可能にします。

 また、FOMM社の小型モビリティはタイで生産されており、道路の浸水が多いタイで多く使われるため、水に浮くような設計になっており、インホイールモータもそういった環境を考慮した設計となっています。

 当社が長年培ったダイレクトドライブモータの実績と、FOMM社のクルマづくりの技術が融合して、小型モビリティに求められる高トルク、高出力のインホイールモータを実現したのです。

 今後も開発から量産まで、新たな市場に向けたものづくりに取り組んでいきます。