トップページへ戻る

クリーン搬送機器工場再増築
半導体需要の増加に対応。開設時から工場床面積は2.5倍へ

2022年7月13日

 シンフォニアテクノロジー株式会社(代表取締役社長:平野新一、本社:東京都港区)は、爆発的な半導体需要の増加に伴い、豊橋製作所(愛知県豊橋市)のクリーン搬送機器工場を再増築するほか、シンフォニアテクノロジー(タイ)に新工場を建設、伊勢製作所(三重県伊勢市)ではクリーンルームを増設するなど、3拠点で生産能力の増強を図ります。

 半導体メーカー各社は、爆発的な半導体需要の増加に伴い、積極的な設備投資を行っており、当社におきましても、注文が急増しています。これにより23年度には現有生産キャパを超過する見込みで、特に国内生産機種であるEFEM、真空プラットフォームの増加に加えて、新機種の生産スペース確保が必要であり工場増築を決定しました。なお、半導体製造装置生産のメイン工場である豊橋製作所内のクリーン搬送機器第一工場は、2007年8月に建設された後、2020年3月に工場床面積を約1.5倍に増築、さらに今回、2階建ての新工場棟を建設することにより、1.75倍に増築。開設時からでは2.5倍に拡張されることとなり、2023年7月からの本格稼働を予定しています。

 また、21年にはロードポートの組み立てを始めた伊勢製作所(三重県伊勢市)にもクリーンルームを増設し、タイの現地法人であるシンフォニアテクノロジー(タイ)では第3工場を建設、2023年4月以降、新しい設備を順次稼働する予定です。

 当社は半導体製造装置に材料を供給するインタフェース部分「ロードポート」では世界ナンバーワンのシェアがあり、さらに今後は、ウエハー搬送ロボットを組み合わせた複合モジュールのEFEMなど半導体関連機器を強化します。

【クリーン搬送機器工場、拡張の概要】

増築概要

場所 豊橋製作所 既設クリーン搬送機器第一工場西側
工場床面積 23,379.3 m2
(2007 年新築) 9,145.7 m2(一部二階建て)
(2020 年増築) 4,185.5 m2(一階建て)
(2023 年増築) 10,048.1 m2(総二階建て)
着工 2022年8月
完工 2023年4月
稼働 2023年7月
豊橋製作所

豊橋製作所

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

【報道関係様・お客様】
シンフォニアテクノロジー株式会社
総務人事部広報グループ 担当 嶽本(だきもと) Tel.03-5473-1803

お問い合わせ

<< ニュースリリース一覧に戻る