響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

ウェーブスクリーンKRS形

ふるい網が波打つユニークタイプ
ウェーブスクリーンは、ふるい網が振動しながら波を打つ画期的なスクリーンです。波打つふるい網が材料に大きな加速力を与えるので、水分を含んだり、粘着性のある材料でも目詰まりせずに効率よくふるい分けします。基準分級径2〜35mmの付着性の大きい材料に幅広く適用でき、特に野積み原料に最適なスクリーンです。


■特長
1. 波打つふるい網で目詰まりなし
図A
『張り』と『たるみ』を交互に繰り返すふるい網のダイナミックな振動により、従来のスクリーンではふるい分けが困難だった付着しやすい材料でも目詰まりなくふるい分けできます。
2. ハンマー1つで簡単に網交換(図A)
ふるい網の固定方法は、ボルト類を一切使わない特殊な方法を採用。ふるい網の交換もハンマー1本で簡単にできます。
3. 小さな下向き角で設置高さも低減
ふるい網は2つの振動(駆動部の円振動と、共振作用による振動フレームの線振動)を受けるため、材料に大きな加速度を与えるので、スクリーンはわずか5°下向きでも十分使用できます(標準15°)。このため設置高さを大幅に低減できます。
4. 供給・ふるい分け条件もフレキシブル 図B
供給量や適用材料の水分量などに応じて、インバータ制御またはアンバランスウェイトの角度調節により振幅・振動数などの調整が簡単にできます。
5. 丈夫な構造でメンテナンスフリー
ボディはシンプルで合理的な構造。ふるい網は高い弾性を恒久的に保持するウレタン製ですので、メンテナンスは最小で済みます。
6. ユニーク機種もラインナップ(図B)
ふるい網の形が牛の角に似たオックスホーンタイプもご用意。ふるい網の耐久性が向上するとともに、網と枠のすき間から材料が漏れにくく、より効率よく作業できます。