響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

スパイラルエレベータ RVES形

据付面積最小の垂直輸送タイプ
スパイラルエレベータは駆動部と垂直らせん形トラフを組合せ、振動によってあらゆる粉粒体を垂直輸送し、同時に冷却・乾燥も行えます。また同じ原理で下降輸送もできます。
■特長
1. 据付面積は最小
垂直構造ですから据付面積、トラフの占める空間は最小限ですみ、しかもこれに反しトラフの表面積は広く利用できます。
2. 冷却・乾燥構造にできます
冷却・乾燥を要する場合、温度差による自然通気または強制通風、あるいは輸送材料の長時間滞留や、反転などの方法で冷却・乾燥が十分に行えます。
3. スムーズに輸送
バケットエレベータやベルトコンベヤで取扱いにくい材料や、丸い形状の材料も垂直に輸送できます。
4. 定量輸送ができます
材料の輸送速度が一定ですから、定量を連続的に輸送できます。
5. 流量調整が容易
振動モータのアンバランスウェイトを調整することにより輸送材料の流量調整が容易にできます。
6. ホコリが立ちません
見掛比重が非常に小さく、フラッシュする材料でも、輸送中にほとんどホコリが立ちません。
7. 特殊構造が可能
全閉防塵構造にした場合、透明カバーを取付け、輸送中に検査する特殊構造にすることもできます。
8. 保守が簡単
駆動部の機構はコンパクトで、しかもトラフの摩耗の心配がありませんから、保守はいたって簡単、手間はかかりません。