響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

LFBRシリーズ(低反力・板ばね防振タイプ)
さらに床反力が小さくなった、低反力リニアフィーダ

従来品より床反力を抑えた板ばね防振タイプのリニアフィーダです。駆動部の構造を細部にわたり見直し、さらなる低反力を実現。より高精度かつスムーズな部品供給が可能になりました。

特長
より小さくなった床反力
  駆動部の構造を見直し、従来の板ばね防振タイプに比べ、床反力を小さくしました。
板ばね調整・コアギャップ調整不要
  別売の周波数可変コントローラ(C9シリーズおよびC10シリーズ)により、面倒な板ばね調整やコアギャップ調整が不要です。
振動干渉なし
  パーツフィーダの振動数(全波/半波)の中間帯域で振動するため、パーツフィーダと組み合わせで使用しても振動干渉が発生しません。
シュート振動角が均一
  シュート全体の振動角がより均一となり、部品供給がさらに滑らかになりました。
少ない消費電力
  共振の近くで駆動するので、少ない電流で充分な振幅を得ることができます。
外形寸法図
仕様
形式 LFBR-350B LFBR-450B LFBR-600B
定格電圧 (V) 200
定格電流 (A) 0.12 0.14 0.28
振動数 (Hz) 95〜120 75〜100 75〜90
駆動部質量 (kg) 3.5 5.5 10.5
板ばね角度 (度) 12 15 15
最大振幅 (mm) 0.60 0.65 0.75
電源ケーブル径 (mm2) 0.75×3芯
適用コントローラ AC200V用 C10-1VF/1VFEF
AC100V用 C10-1VF/1VFEF+C10-TR
寸法表 単位:mm
形式 A B C D E F G H I J K L M
LFBR-350B 70 170.5 12 93.5 45 13 12 M5 110 21 55 15 M8
LFBR-450B 80 205 20 107.5 55 13 14 M6 130 38 60 12 M8
LFBR-600B 95 274.5 25.5 133 75 16.5 19 M6 190 46 75 14 M10
シュート寸法図

シュート仕様および基準位置 単位:mm
形式 最大長 最大幅 最小厚 質量範囲
(kg)
基準位置(シュート全長最大時)
L1 L2 L3 L4 L5
LFBR-350B 350 40 9 0.4〜1.2 110〜150 90 30〜110 39 67.5
LFBR-450B 450 45 12 1.2〜2.3 150〜190 110 70〜150 46 82
LFBR-600B 600 55 14 2.3〜4.0 200〜250 150 90〜200 55 108

お問い合わせ