響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

産業インフラ

サブマージドモータ
イメージ
はじめに Introduction:
  従当社では、長年にわたって
  ● 極低温用電動機の絶縁研究● 各種フロン用電動機の耐冷媒性絶縁研究● 超電導コイル用の極低温絶縁研究
  などにより特殊用途電動機用の多くの技術を有しています。
LNGポンプ用等の低温液化ガス用電動機については、これらの技術をベースに400V級乱巻コイル(ランダムコイル)及び、400V~6600V級型巻コイル(フォームドコイル)の耐低温性確認や急冷ヒートサイクル試験等の検証を経て1988年の商品化以来多くの納入実績に至っています。
技術的な特長 Main technical features:
技術的な特長表
低温液化ガス用モータの主要適用技術 Main technologies for motors used with cryogenic liquefied gas:
モータ電気設計 各種低温液体温度時の導体抵抗、リアクタンス変化に対応した特性算定技術、シャフト材質(磁性体、非磁性体、中実、中空)に対応した特性算定技術
絶縁技術 冷媒フロン R123、R134a冷凍機モータ用耐冷媒絶縁技術、超電導コイル用極低温絶縁技術、ワニス真空加圧含浸技術(高圧回転機コイルの真空加圧含浸技術)、ワニス硬化処理技術(含浸レンジ管理に関するシミュレーション技術)、極低温用耐クラック性ワニスの使用
シミュレーション 瞬停再起動時のシミュレーション技術、ポンプ逆転時再起動時のシミュレーション技術
その他 小径、長尺モータの製作技術(アルミロータの製作)
主な液化ガスの種類と温度 Temperatures of main types of liquefied gas:
インタンク式(タンク内設置式)
インタンク式
(タンク内設置式)

サブマージドポンプに
組み込まれたモータの例
主な液化ガスの種類と温度表
LNGポンプ用電動機の構造 Structure of cryogenic submerged motor:
LNGポンプ用電動機の構造イメージ
標準仕様 Standard Specification:
容量 低圧 0.75kW~500kW
高圧 75kW~2000kW
極数 ※1 2P
回転数(同期) 3000r/min 又は 3600r/min
定格電圧/定格周波数 ※2 低圧 400V/50HZ 又は 440V/60HZ
高圧 3000、3300V/50HZ 又は 3300V/60HZ
6000、6600V/50HZ 又は 6600V/60HZ
絶縁種別 F種
時間定格 連続
使用液 ※3 LNG、LPG、BUTANE、PROPYLENE、LN2 他
始動方式 全電圧始動
準拠規格 JIS、JEM、JEC、IEC
※1:異極数での対応も可能です。(4P、6P 等)
※2:異電圧での対応も可能です。(380V、460V、4160V、6300V 等)
※3:表記以外の液にも対応可能です。