響いてこそ技術 SINFONIA

お問い合わせ

ECOing(エコイング) エコで行こう! エコへ移行!

“技術オリエンテッド” と “環境への思い” が融合、  進化し続けるエコロジー先進企業です。

シンフォニアテクノロジーは創業(1917年)以来、脱石油燃料による製品開発を進め、技術オリエンテッドの考えのもと多様な基盤技術に応用技術を重ね、さらに環境問題への配慮とノウハウを融合させることで、地球にやさしい画期的な技術・製品を相次いで開発してまいりました。
2009年には省エネ設備を満載し高い環境基準を満たす研究開発実験センターを伊勢製作所に新設。ここから時代に先駆けるエコロジー技術・製品を生み出していきます。

創業当時から技術と環境が融合した製品づくりを目指しました。
img

直流電動機(1917年・大正6年)
舶用電装品の供給不足を打開すべく、直流電動機などの開発に着手。当社電機事業の基礎となった。

ポットモータ(1920年・大正9年)
帝国人造絹糸(現帝人)からの要求により、繊維巻取用ポットモータを開発。戦前、戦後を通して当社の代表製品となった。

電気自動車(1930年代)
燃料の物資不足のため、夜間の余剰電力を利用した蓄電池積替式電気バスや充電式電気乗用車を生産。

フォノモータ(1932年・昭和7年)
2種のフォノモータを生産し、これが「赤鳥羽」と通称され、昭和10年には国内市場を独占、海外に輸出するまでに至った。

神風号(1937年・昭和12年)
当社製のエンジン直結式直流発電機搭載の朝日新聞社「神風号」が東京~ロンドン間を51時間19分32秒の記録飛行に成功。

製作所でもECOing環境への取組み