トップページへ戻る

エンジン駆動定周波定電圧電源システムVSCF
エンジン駆動定周波定電圧電源システムVSCF
Variable Speed Constant Frequency
 
エンジン直結形可変速・定周波定電圧電源装置
駆動源があれば、簡単に直結可能
 
商用電源と同じ100V/200V、50/60Hz電源を出力
アイドリングから高速まで広い回転数範囲に対応、安定した商用交流電源を発電
大抵の一般家庭用電化製品や工業用電機製品が使用可能
 
世界最小レベルの超小形 軽量の交流発電機を採用
エンジン駆動のコンパクトな発電システム=3KVA仕様で発電機(19kg)+制御装置(14kg)の軽さ
 
1900〜8500r/min=約4.5倍の回転数変動に耐えるVSCF発電機
 
エンジン回転に応じた周波数を出す発電機と、これを定周波に変換するインバータからなる電源システム
 
マイコン制御で周波数変動はゼロ
 
スイッチ一つで簡単にON/OFF
 
エンジンと発電機をベルト又はプーリで結合するシンプル構造でメンテナンスフリー
 
各種保護装置完備で高い安全性と信頼性を保証
 
3KVA、AC100V単相仕様VSCFでモータ起動電流=100Aに耐えられます。(エンジン発電機=10KVAの潜在能力)=ACモータ駆動や空調用コンプレッサモータの電源に最適
 
低騒音で環境を配慮した電源システム
アイドリングでも定格出力が出せるのはVSCFのみ