トップページへ戻る

クラッチ・ブレーキ トップへ
  • 乾式単版電磁クラッチ/ブレーキ
  • 無励磁作動電磁クラッチ/ブレーキ
  • トルク制御クラッチ/ブレーキ
  • システムユニット
  • ツースクラッチ
  • 張力制御装置
  • 電源箱・制御機器
  • OA用電磁クラッチ
 本装置は、紙およびフィルムなどの巻取り、巻出しを行う場合にパウダクラッチ/ブレーキを使用し、その励磁電圧をロール径の変化に応じて順次減少、増加させウエーブの張力を一定に保つように自動制御を行います。ロール径の変化の検出は、ロール軸の回転を付属の近接スイッチにて検出する方式のため、ロールおよび走行中のウエーブに特殊な検出器を接触させる必要がなく、装置のセットが容易です。マイコン制御により、複数の材料データの設定、停電時の出力電圧記憶などを内蔵した高機能な制御器です。


1 オープンループ制御のため、自動運転中にハンチング現象は発生しません。
2 マイコン制御により材料データを最大99データまで入力できます。
3 停電記憶機能により運転途中で電源を切っても停電前の出力を記憶していて、再電源投入時に接続運転できます。
4 24V出力のほかに0〜10V出力の切り替えがあり、ACサーボモータの対応が可能です。

図1はPCD-120Bを巻出し装置に使用した場合です。あらかじめ材料の厚み、巻出し開始半径、巻出し最終ロール半径を設定し、必要な張力に応じた出力電圧レベルをダイヤルセットして巻出しを開始します。工程進行による巻出し径の減少は軸回転で検出され、それに対応して電磁パウダブレーキの励磁電圧を減少させブレーキトルク制御し、材料張力を常に一定に保つように自動制御します。この一連の制御パターンを示したのが図2です。

●回転検出器について
回転検出器はロール軸1回転につき1パルスを発信し、これを制御器が受けて、巻取り/巻出し開始と同時にカウント(材料厚×ロール軸回転数)を始め、最初の半径から減算(加算)して、その時のロール径を計算し、これに比例して電磁パウダクラッチ/ブレーキの励磁電流を制御します。


形   式 PCD-120B PCD-120BM
方   式 ロール径回転検出による巻径比例制御
適   用 巻出し/巻取り 切替方式
電   源 AC100/110V、200/220V、切替式、50/60Hz
出 力 電 流  0〜3A PWM制御
0〜10V(10mA)アナログ出力
制 御 分 解 能 約0.5mm
応 答 周 波 数 500Hz以下
設定機能 スタートロール半径 3桁 010〜999mm 3桁 010〜999mm(注1)
ストップロール半径 3桁 000〜999mm 3桁 000〜999mm(注1)
材料厚 3桁 0.01〜9.99mm 3桁 0.001〜0.999mm(注1)
テーパー率 2桁 00〜99% 2桁 00〜99%
表示機能 出力電圧 MONITORに設定表示
出力電流
ロール径
データNO
テーパー率
AUTO 表示灯(赤)
STOP 表示灯(赤)
DATA  INPUT 表示灯(赤)
START  ROLL  SIZE 設定データの最初径を表示
STOP  ROLL SIZE 設定データの最終径を表示
MATERIAL  THICK 設定データの材料厚を表示
構   造 鋼板製壁掛保護形
付 属 品 回転検出用近接スイッチ1個
質   量 5.5kg
塗 装 色 ケース マンセル5Y8/0.5 
パネルP2-1007
適用クラッチ/
ブレーキ
電磁パウダクラッチ/ブレーキ
POC/POB/PRB-20形以下(注2)
(注)1. 設定データは最大99種類まで設定できます。
(注)2. パウダクラッチ/ブレーキの40形以上は、 増幅アンプPS-6.0Aを接続すれば制御可能です。