トップページへ戻る

クラッチ・ブレーキ トップへ
  • 乾式単版電磁クラッチ/ブレーキ
  • 無励磁作動電磁クラッチ/ブレーキ
  • トルク制御クラッチ/ブレーキ
  • システムユニット
  • ツースクラッチ
  • 張力制御装置
  • 電源箱・制御機器
  • OA用電磁クラッチ
 本装置は、巻出し・巻取り中の材料ロール径の変化に応じて電磁パウダクラッチ/ブレーキの励磁電流(トルク)を適正制御し、張力を常に一定に保つ方式です。材料のロール軸に取付けた近接スイッチと、材料の途中に設けられているピンチロールなどに取付けたパルスエンコーダの信号により材料径を自動的に演算し、材料の増減に応じて電磁パウダクラッチ/ブレーキの励磁電流を変化させるため、材料を変更しても設定をし直す必要がありません。


1 マイコン制御で操作が簡単
マイコン制御によるロール径を自動演算する方法なので材料変更時のデータ変更は不要です。
2 慣性補償付き
途中停止、材料巻き終わり時に慣性補償の電圧を出力し、ライン停止時にもスムーズな動きができます。
3 電子ギア付き
エンコーダを取付けるロール径の設定に電子ギアを採用していますので、ライン上に取付けるパルスエンコーダ取付けロールの径に指定がなく、既設ラインでも追加加工せずにご使用いただけます。

形式 PCA-110A
方式 巻径自動演算による巻径比例制御
適用 巻出し/巻取り
電源 AC100/110V 200/220V ±10%
切替方式 50/60Hz
出力電圧 0〜24V PWM制御(0〜3A)
0〜10V アナログ出力(10mA)
制御分機能 約0.5mm
制御ロール径 MAXΦ2000mm
構造 鋼板製壁掛保護形
付属品 回転検出用近接スイッチ1個
適用センサ パルスエンコーダ
質量 約5.5kg
塗装色 ケースマンセル5Y8/0.5 パネルP2-1007
適用クラッチ/ブレーキ 電磁パウダクラッチ/ブレーキ
POC/POB/PRB-20形以下