トップページへ戻る

航空宇宙技術を民生転用し、
車両・鉄道搭載用電源システムを開発
 当社は、高度な技術力を持つ当社独自の航空宇宙技術を応用した民生用機器の開発を展開中ですが、このほど、国産としては初めて独自開発した「エンジン駆動定周波定電圧電源システム」:当社登録商標:ビスカフ(Variable Speed Constant Frequency)を、大形保冷車搭載用冷凍機電源として開発し、ダイムラー・クライスラー社製の大型トラック(メルセデス・ベンツ アクトロス)で第1号機の試験走行を開始致しました。また当社は、並行して鉄道車両搭載用ビスカフについても開発中です。
「エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフ」は、自動車などの走行用エンジンから、定電圧でしかも周波数の安定した「15KVA」の交流電源が得られる発電システムで、航空宇宙技術を駆使した最新のパワーエレクトロニクスと、独自の回転技術を結集し、アイドリング時から高速回転まで、エンジンの回転数が大幅に変動しても変動に影響されず、常に安定した一定電圧、一定周波数の交流電源が得られます。しかも、従来システムでは油圧モータを使用していましたが、今回の新製品はオイルを一切使用していないため、オイル漏れ等の環境問題から完全に開放され、食品関係等には極めて最適な製品です。
 今回開発した15KVAの電気容量が得られるビスカフは、世界最高レベルまで超小形・軽量化を実現したので、大形の保冷車などに搭載が可能となり、冷凍食品などの配達・輸送中の庫内温度の上昇を防ぐことができます。また、待機中の冷蔵コンテナなど個別冷却用電源など、大容量の安定した交流電源が必要な各種車両・鉄道車両に幅広い利用が可能です。
 当社では、この度のメルセデス・ベンツの大型トラック「アクトロス」で走行試験を開始した15kVA1号機に引き続き、さらに鉄道会社他からニーズのある40KVA容量の電源システムも開発し、近々市場投入する予定です。
 当社としては、今回開発した航空宇宙技術を駆使した「エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフ」を民生用として商品化したことを契機に、自動車搭載用並びに鉄道車両搭載用電源市場への参入を今後本格的に果たすことにより、ビスカフの年間売上5億円を目標にしています。
1.「エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフ」の原理
【従来システム】
従来システムでは、エンジンに搭載した油圧ポンプにより発生させた油圧動力を、制御弁を介して油圧モータを制御することにより一定の回転数で回し、油圧モータの出力軸に取り付けられた発電機により、一定の周波数電力を得ていた。

●従来システムの欠点
従来システムは油圧機器、油圧配管があり、車載した場合移動による振動などにより、オイルの老化、配管からのオイル漏れなどの欠点がある。
【VSCFシステム】

ただ単に発電機をエンジンに搭載し、発電機が発生する可変周波数電力をコンバータに導入し、コンバータ内にて一定周波数電力に変換する極めてシンプルな構成。
● VSCFシステムのメリット
油圧回路がないため、オイルの老化、オイル漏れの心配が一切ない。コンバータは電子装置であるため、設置にも融通性があり小形・軽量化が可能。
2.「エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフ」の特長
1. アイドリングから高速まで広い回転数範囲で一定電圧、一定周波数の安定した交流電源が得られる。(商用電源の波形に近い安定した電源)
2. 世界最小レベルの超小形で高出力、コンバータは電子装置なので設置も容易。
3. スイッチ一つで操作簡単
4. オイルレスなので、オイル漏れ等の環境問題を完全にクリア。食品業界に最適。
5. 油圧ポンプや油圧モータ類がないためメンテナンスが容易。
3. 用途
大形保冷車、冷蔵コンテナ、車両の冷暖房システムなど
4.「エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフ」の仕様
1. 出力仕様3相 60Hz 440V 15KVA
2. 発電機寸法270φ×550mm
3. 制御装置寸法500×400×350mm
【参考】
●エンジン駆動定周波定電圧電源システム:ビスカフについて
Variable Speed Constant Frequency:VSCF
エンジンの回転を直接得て発電機を駆動し、エンジンの回転数が変動しても、低電圧でしかも一定周波数の安定した交流電源を得るシステム。
● 当社の航空機用VSCFの歴史について
国内においては当社が、航空機用交流電源(400Hz)の電源出力用として1983年より本技術に取り組み、独自開発の結果1996年に航空自衛隊の戦闘機に初めて採用され、以降、自衛隊機に継続して独占的に納入している。
● 当社の航空宇宙技術の民生転用技術製品
・土砂災害事前感知相互通報システム(高精度傾斜角計)
・自動車産業向け試験装置「超低慣性小径ダイナモ」など
トラックに搭載された発電機 コンバータトラックに搭載された

この件についてのお問い合わせは下記にお願いいたします。
お 客 様 :神鋼電機株式会社 車両制御機器営業部 
Tel. 03-5473-1827
Fax. 03-5473-1845
〒105-8564 東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー
ニュースリリース一覧に戻る>>
製品情報>>

このページに関するお問い合わせ先 はこちら