輝いてこそ技術 SINFONIA まもなく創業100年

江戸川乱歩とシンフォニア

鳥羽おとぎ倶楽部

乱歩こと平井太郎は、社員の同僚などと鳥羽の劇場や小学校で、子供たちに御伽噺を聞かせる会を開く活動をしていました。
この時、近隣の坂手島で小学校の教師をしていた村山隆子と知り合い、のちに結婚します。

  • 乱歩が描いた妻 隆子(24歳時)
  • 大正7年当時の名刺

乱歩が発行兼編集人として創刊した社内報「日和(にちわ)」

そんな乱歩が当社初の社内報「日和」を発行兼編集人として創刊する事となりました。

創刊の経緯は(自伝より)「技師長桝本氏が大変熱心で私は全く会社の仕事をしないでもよいよう」ということでした。
大正7年11月15日に創刊した「日和」がどういう雑誌であったかというと、乱歩自身も「添付の首途(右ページ)から想像を」と述べています。また、稀代の推理小説家江戸川乱歩が、中央囲み文で「鳥羽造船所の歌」を募集しているところも面白いです。

なお日和の由来は、旧鳥羽城跡の西に位置する日和山(ひよりやま)から取ったもの。

この乱歩が創刊した「日和」は翌月12月15日に第2号が発刊されています。
1号に続き乱歩が巻頭に「庬雑※より統一へ」とのタイトルで、産業革命以降、世界の文化は複雑化していますが、今後は統一へ向かっていくのではないかという持論を約2,000字に渡って展開しています。

残念ながら、この2号発刊後、3号の原稿を後任へ託し、乱歩は当社を退社することになります。

また、「日和」自体も各工場でそれぞれ作られていた社内報を、鈴木商店の神戸本店でまとめることとなり3号をもって廃刊となりました。

なお、乱歩はこの自伝で「私は生活のためにいろいろな職業をやったが、この鳥羽の一年余りが一番面白かった」と語っています。

※庬雑…はっきりとせず、バラバラな状態

「日和」第二号 乱歩直筆のイラスト
  • 「日和」最終頁のコラム“無駄話”
  • 「日和」最終頁の編集後記
「日和」創刊号表紙(章だけでなく、イラストも全て乱歩が描いている)

その1 「鳥羽造船所で過ごした日々」へ戻る